国道20号線[日野バイパス](日野市〜八王子市)

最高速度50km/hから60km/h(法定速度)に引き上げ

[ 1996 , 2004 , 2005 ,2007 撮影 ]


石田大橋 2005年10月撮影 石田大橋は、下り(八王子方面)が最初に開通し、その後、上り線が開通した。
石田大橋 2005年11月撮影 石田大橋 2007年3月(全線開通後)撮影

2004/04撮影 2004年04月撮影 2007/03撮影 2007年3月(全線開通後)撮影
多摩都市モノレール万願寺駅付近。八王子方面より撮影。
片側1車線から2車線へと変わり、中央分離帯の花壇がなくなってしまった。

2007/01撮影 2007年01月撮影 2007/03撮影 2007年3月(全線開通後)撮影
川崎街道との交差点へ。
全線開通前と開通後の標識は同じものを使っている。
開通前の標識には、シールが貼ってあった。

2007/01撮影 2007年01月撮影 2007/03撮影 2007年3月(全線開通後)撮影
川崎街道との交差点を過ぎて。
中央分離帯が広く取ってあるのは、
ここから北野町方面へバイパスが延びる予定があるため。

mapion

2007/03(開通直前)撮影 2007年03月(開通直前)撮影 2007/03(開通後)撮影 2007年3月(全線開通後)撮影
下り八王子方面(左)と上り国立方面(右)。
この区間は高低差があるため、高架橋で結ばれている。

2004/07撮影 2004年7月撮影 2007/01撮影 2007年1月撮影
2004年に撮影したときには、まだ計画線上に建物があった。

2005/10撮影 2005年10月撮影 2007/01撮影 2007年1月撮影
高低差をカバーする堀之内高架橋の建設中の様子。

2005/04撮影 2005年4月撮影 2007/01撮影 2007年1月撮影
急斜面だった土地も、緩傾斜に整地され、このような状態に。
左が八王子方面、右が国立、新宿方面。

日野市神明1丁目(1996年) 1996年5月撮影 日野市神明1丁目(2005年) 2005年4月撮影
日野市神明1丁目(2007年) 2007年1月撮影 日野市神明1丁目(2007年全線開通後) 2007年3月(全線開通後)撮影
日野市神明1丁目の日野バイパス八王子側端点だった地点。
長い間工事が行われなかったのが分かる。

日野バイパス全線開通に伴い、
拡幅して右折専用車線を作った交差点が何ヶ所かある。


古くから開通していた区間は中央分離帯がなく、道幅もやや狭い。
制限速度は、バイパス完成後に40/hから全線50/hに変更された。
そして2010年後半には最高速度が60km/hに変更され、速度制限標識が無くなった。(法定最高速度のため)

日野市多摩平

2004/04撮影 2004年4月撮影 2007年4月(全線開通後)撮影
八王子側は、全線開通前は東京都管理区間(都道)となっていたが、
全線開通して国道20号に移管された。

2004/04撮影 2004年4月撮影 2007/04撮影 2007年4月(全線開通後)撮影
八王子側の日野バイパス入口となる高倉町西交差点。
バイパス完成に伴い交差点が改良され、バイパス方面が直進で行けるようになった。
標識も、現道(甲州街道)が都道となり、日野バイパス側のみ国道20号となった。

mapion


 国道20号線[日野バイパス](国立市〜日野市)へ 



関東方面メニューへ 全国版メニューへ トップページへ戻る

©2004-2007 Rikijiro. All rights reserved.